神奈川中央交通(以下、神奈中)グループは、神奈川県のほぼ全域に路線を持つ、全国でも有数の大規模路線バス事業者で、10余りの営業所がありますが、その中で東部の車庫となる「舞岡営業所」のご紹介です。

 2001/3以降、グループ子会社の横浜神奈交バスへ車両の管理/運用・路線の委託を開始し、2011/10/15には全車・全路線の委託が完了して、横浜神奈交バス舞岡営業所となったほか、神奈中としては横浜営業所「舞岡操車所」という位置づけとなりました。
その後、2017/1/1に神奈中が横浜神奈交バスを吸収合併し、新たな「神奈川中央交通」へ再編され、横浜神奈交バス舞岡営業所は廃止となり、横浜営業所「舞岡操車所」は横浜営業所から再独立し新たな神奈川中央交通舞岡営業所となりました。

 在籍する車両のメーカーは、三菱ふそう(大型/中型/小型)・いすゞ(中型)・日野(小型)で、全体の過半数を三菱ふそうが占めています。さかのぼると富士重車体を架装した日産ディーゼルの大型車が在籍していました。それらの車両がいなくなってしばらくは全車三菱車の時代が続くこととなりましたが、
・1999年に日野の小型車が初登場
・2003年に横浜神奈交バスからいすゞの中型車(エルガミオワンステップ)の転入(のちに転出)
・2005年に神奈中初導入の電気式ハイブリッドノンステップバスとして日野の大型車(ブルーリボンシティハイブリッド)が登場
・2008年にブランドこそ三菱ですが、日産ディーゼル工業からOEM供給された西工車体の中型車(エアロミディ-S)/大型車(エアロスターS)が登場(のちに大部分が転出)
・2012年に新車として再びいすゞの中型車(エルガミオワンステップ)が登場
2000年代〜2010年代初頭のバラエティ豊かな顔ぶれを構成していました。現在は、大型は三菱ふそう・中型はいすゞ・小型は日野といった具合に大きさクラスで別メーカーが投入されています。

 なお、神奈中バスの社番は営業所の頭文字(平仮名)+番号という特徴的なものです。舞岡では営業所開設の順番から頭文字ではありませんが、「」が割り当てられています(例:お13、まいかの「」)。

 舞岡営業所の路線は、北は横浜駅・南は港南区の日野ヶ丘・東は港の見える丘公園・西は弥生台駅という範囲内に、戸塚駅東口から横浜駅への幹線路線や、東戸塚駅・上大岡駅・井土ヶ谷・保土ヶ谷駅東口・山手/元町方面など、横浜市内に幅広い路線網を展開しています。また、横浜市営から移譲を受けた路線もあります。

 ところで、横浜営業所笹下車庫閉鎖に伴う路線移管が行われた2001年〜2005年には、鶴ヶ峰駅(横浜市旭区)・中山駅(緑区)・川和町(都筑区)・市が尾駅(青葉区)といった舞岡(戸塚区)からはるか遠隔地となる地域にも舞岡車が走りました。この時の舞岡車は戸塚区・泉区・南区・港南区・保土ヶ谷区・中区・西区・旭区・緑区・都筑区・青葉区といった横浜市内の超広範囲を走った記録があります。


▲レシップ製白色LED表示器化された舞岡車。表示内容はフレキシブルに運用されている。

舞岡営業所特集[車両編]
2010/06/21 尿素SCRシステム NON-STEP2012/02/15 転入車の記録2004/02/01
姿を消した仕様1
(通常運用車/特別運用車[幕車])
2012/12/05 姿を消した仕様2
(特別運用対応車[幕車])
2005/07/21 長尺車の記録2003/12/30

舞岡営業所特集[その他]
デジタル運賃表示器[休止中] 側面LED表示の種類[随時更新]

在籍車両表
現役車両2019/12/05 転出車両2017/05/04

引退車両表
〜1986年下期車、旧塗装車2000/12/30 1987年上期〜新塗装車[P-代]2005/02/26 1990年下期〜[U-代]2009/02/19
1996年上期〜[KC-/KK-代]2014/03/03 2000年上期〜[KL-/KK-代]2019/12/05 2004年下期〜[PJ-代]2019/02/01

三菱大型車MP系仕様変更表
MP218系K型ボディ [随時更新] MP218系〜MP217系M型ボディ [随時更新] MP317系〜MP35系
ツーステップバス・ワンステップバス
[随時更新]
MP747系〜MP37系
ノンステップバス
[随時更新] MP35U改〜MP38F系
ノンステップバス
[随時更新] 旧横浜神奈交バス新製配置車両
ワンステップバス
[随時更新]

路線一覧表
現在の路線2018/08/16 深夜バス路線2007/11/16 過去の路線2018/09/14
幻の路線2001/12/13 路線図2018/09/13 会社再編前
2016/12/31現在路線図
2016/02/01

在籍車両表では一部の社番をクリックすると各年式の画像が見られます。
お42・お49・お142・お149はない。


■最近の舞岡営業所関連ニュース&トピックス
2014年下期車座席更新 2019/05/13
 座席モケットの質感が特徴的だった2014年下期車について、現行の新車で使用されているモケットへの更新が確認されました。2014年式タイプの座席モケットは、2006年上期車(お21・お24・お25)の座席更新でも使用されたほか、旧かなみんラッピングのお27でも柄は違うものの同じ材質が使われており、今後座席更新の対象となるか注目されます。


▲2014年下期車で採用された座席モケット(左)と2015年下期車から採用された座席モケット(右)。材質が異なる。


井土ヶ谷方面系統にYAMATE LINER 2019/05/10
 お26・お66のYAMATE LINERノンステップによる井12系統が確認されました。YAMATE LINERノンステップは11・60系統の専属で、出入庫の77・保06系統以外の系統に入るのは珍しいことです。

戸38系統に中型車 2019/04/22
 本日の朝、戸38系統(戸塚駅東口行き)に中型車(お184)が入っているのが確認されました。中型路線の出入庫も考えにくく、イレギュラーの運用と思われます。

後面カメラ設置本格化 2019/04/22
 お57以外にもカメラ装着車が現われ、最終的には全車装備するものと思われます。

お57に後面カメラ設置 2019/03/25
 お57(LKG-のワンステップ)に後面カメラが設置されているのを確認しました。これまで、お28に設置されていましたが、試験的なものだったのかその後設置が進んでいない様子でしたが、今回から本格的に他車へ波及する動きになるか注目されます。

お63の側面LED表示器位置移動 2019/01/16
 AR820の「お63」において、側面LED表示器が地側から天側へ移動され、黄色LED表示時代の場所へ変更されました。なお、西工車の側面行き先表示窓は中桟が中央に入っているため、LED機器周囲の枠が天地方向の小さい専用枠となっていました。少し前に、天側の黄色LED表示時代に使用していた「ロ」の字状の黒フィルムが撤去されていましたが、LED表示器の移動準備だったのかもしれません。当初、白色LED化の効果として「下側になって見やすい」というものがあり、今回の移動はそれに反しますが、運転上の問題で移動されたものと思われます。

▲白色LED表示器化直後(左)と現在の状態(右)


トップページへ